日本では少子高齢化を背景に労働力不足が問題となっており、外国人労働者の受け入れについて様々な議論がなされている。一方、13億人以上の人口を誇る中国では、急激に経済が発展しているものの、大学を卒業しても良い就職先が見つからなかったり、就職できたとしても低賃金で働かなければならない人たちが非常に大勢いるのが現状だ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の看護師という職業について、中国で看・・・・

続きを読む