中国の経済成長が鈍化してきた。不動産業界団体などが出資する中国房地産測評中心は11月1日、2018年10月の「中国都市賃貸価格指数」が1040.4ポイントとなり、前月(1045.2ポイント)から4.8ポイント(0.45%)低下したことを明らかにした。下落は2カ月連続だ。9月まで21カ月連続で上昇していた住宅ローン金利(全国平均)は、10月に入ると、一部の地域で引下げに動く銀行も出てきているという。中国政府は・・・・

続きを読む