近年は訪中日本人が減少していると言われるものの、中国には万里の長城や故宮博物館などの観光名所は非常に多く、登録された世界遺産は53件と世界で2番目に多い。中国メディアの今日頭条は10月31日、世界遺産の1つである仏教の霊山・廬山(ろざん)に関する記事を掲載した。「日本人からは入山料を取らないのが中国人の癇(かん)に障る」のだという。

 この廬山は、かつては仙人が住んだという伝説もある、外・・・・

続きを読む