東京は様々な分野で世界一になっている。例えば、2016年には米旅行雑誌「コンデ・ナスト・トラベラー」が発表した、米国を除く世界で最も魅力的な都市ランキングで1位に輝いている。中国メディアの快資訊はこのほど、「東京が世界一の都市になった理由」と題する記事を掲載した。記事によると、世界を代表する大都市であるニューヨークと北京すら上回っているという。

 記事は、東京はなんといっても経済的に世界一の都市だと指摘。国別にみれば、世界経済の代表は間違いなく米国ではあるが、都市別の総合力では「東京はある意味世界一」だとしている。

 その理由として、東京は日本の首都機能が集中した都市として人口で大きな部分を占め、経済面でも国全体のGDPの半分を占めるほどの貢献をしていると主張。実際には東京が日本全体のGDPに占める割合は2割弱だが、それでもかなりの部分を占めていると言えるだろう。また、人口密度や、先進技術と国の重要プロジェクトも東京に集中しており、全体の発展度合いから言えば「ニューヨーク・北京よりも発展している」と結論付けた。

 とはいえ記事は、ニューヨークには東京にはない「豪華さ」があると指摘。この点、東京の建築物はニューヨークほどハイレベルではないものの、「世界で最もにぎやかな都市になることを阻止するものではない」と主張した。記事は東京が世界一になったのは、「交通が非常に発達し経済発展に貢献した」ためだとして、経済発展のためにはまず交通施設を整えることから始めるべきだと伝えている。

 この記事の「世界一」は記事の中国人筆者の主観のようだが、都市圏別の域内総生産ランキングでは確かに東京圏は世界一となっており、東京の魅力は多くの中国人が感じていることなのだろう。2020年には東京でオリンピック・パラリンピックが開催される。より多くの人に、東京の魅力を知ってほしいものである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)