「自動運転」が近年のトレンドワードに上がってきているが、現在の日本で発売されている最新モデル車に搭載されているのは「運転支援技術」といわれる「レベル2」に位置づけられるもの。米国のSAE Internationalが定義した自動運転の水準は、「レベル0」(ドライバーが全てを操作)から「レベル5」までの6段階。日本は世界的に見て自動運転への取り組みが遅れているといわれるが、電気自動車の普及に前のめりになってい・・・・

続きを読む