中国の自動車市場では近年、都市部を中心にSUVの人気が高まっていて、SUVが自動車市場そのものの拡大を牽引している。また、市場ニーズを汲み取り、SUV市場に積極的に新車を投入した中国メーカーのシェアも拡大傾向にある。

 中国メディアの今日頭条は1日、中国メーカーのSUVは外資ブランドのSUVに比べて安価で購入でき、品質も向上していることから近年は好調な販売を記録していると指摘する一方、その好調の水面下には中国メーカーに共通する悩みがあると指摘する記事を掲載した。

 記事は、中国の自動車メーカーが世界に向けて進出できない根本的な理由の1つが「優れたエンジンを自主開発できない」ことであると指摘。そして、これが中国メーカーのSUVに日本メーカーのエンジンが搭載されている理由となっていると伝えた。

 さらに、中国自動車メーカーが販売するSUVのなかには、欧米メーカーのSUVに引けを取らないほど優れたデザインの車もあり、販売が好調な車も多々あるとしつつも、こうしたSUVが「外観だけの見かけだおしにならないのは、日本メーカーのエンジンがあってこそ」だと強調した。

 続けて、中国メーカーのSUVは合弁メーカーのSUVより非常に安価であり、中国人はより割安でSUVに乗ることができるのは良い点であるとしながらも、中国メーカーのSUVのうち日本メーカーのエンジンが搭載されていないSUVは決して多くはないはずだと主張。中国自動車産業はさらに努力が必要であると主張している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)