中国人旅行客の訪日目的が「モノ消費」から「コト消費」へと変化していると言われる。日本でしかできない体験を求める中国人は確かに多く存在するが、日本と中国では文化や習慣が異なっているため、中国人観光客が気軽に体験しないほうが良いこともあるという。

 中国メディアの今日頭条は25日、「日本旅行で気軽に試してはいけないこと」について論じる記事を掲載し、日本での生活経験のある中国人筆者が日本でどのようなことに気をつける必要があるのかを紹介している。

 記事が紹介しているのは、あくまでも中国人筆者の個人的な意見と言えるが、中国人ならではの視点も含まれている。記事はまず「カプセルホテル」を挙げ、日本を訪れる中国人の中には宿泊費をできるだけ抑えたいと思ってホテル探しをするかもしれないが、カプセルホテルに宿泊するのはやめた方が良いと主張した。カプセルホテルは欧米の旅行客などを中心に人気となっているが、何でも大きくて豪華なものを求めたがる中国人からすると「せっかくの旅行なのに、狭い空間で寝るのは嫌だ」と感じるようだ。

 続けて、「麻雀」や「パチンコ」を挙げた。日本を旅行で訪れている貴重な時間を費やすのは非常にもったいないと主張しているが、多くの中国人は賭け事が大好きで、注意していないと「麻雀」や「パチンコ」にハマってしまうというのが真意なのかも知れない。

 さらに記事は、「観光地での買い物」を挙げている。その理由としては、他の旅行者が多くて商品の購入に時間や手間が掛かること、わがままな同胞の旅行者と接触しなくてはならず、迷惑を被る可能性が大きいからだと主張。

 記事が、気軽に体験してはいけないこととして紹介したことについて、別の中国人はそれを目当てに来日するケースもあるだろう。ある程度事前に調査しておくことによって、旅行を楽しむことができるはずで、日本の様々な文化や習慣を体験し、日本のことを好きになってもらいたいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)