中国メディア・捜狐は28日、卓球中国代表元監督で、中国卓球協会副会長の劉国梁氏がこのほど日本を視察し、ある部分について「すでに日本に負けている」と危機感を示したと伝えた。

 記事は、「劉氏が先日日本の卓球視察を終え、自身のSNSアカウント上で視察の総括をした。今回の目的は、他人の長所と自らの不足点を意識し、補強を行うためのものだったようだが、劉氏は中国卓球界に潜む一大危機についても明かし・・・・

続きを読む