日本は中国に対し、1979年から約40年間、円借款、無償資金協力、技術協力など、合わせて約3兆6500億円を供与し、インフラ整備などで中国の近代化を支えてきた。中国人の多くはODA終了が報じられて初めて知ったという人も多いほどだという。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む