中国のネット上ではしばしば、日本は清潔な国で、日本人はとても清潔好きであると紹介される。では、中国の人たちは具体的に、日本人のどんなところに清潔好きな要素を感じるのだろうか。中国メディア・東方網は27日、「日本人の清潔好きは、この5つの点に表され尽くしている」とする記事を掲載した。

 まずは、日本人の入浴好きに注目。「日本人は個人の衛生をとても大切にしており、それは潔癖と言うべきレベルである。このため日本人は入浴を非常に重視している」と紹介。その重視ぶりは街のスーパーでも感じられ、売り場には男女別の各種入浴用品が非常に多く陳列されているとした。

 次に挙げたのは水道水だ。日本の水道水は厳しいろ過処理を経ているために直接飲むことができ、これが日本のご自慢となっていると説明した。また、日本人はモップではなく床を雑巾でゴシゴシと拭くのを好むとし、跪いて雑巾がけをするのは非常に疲れるが、日本人はそれを厭わないのだと紹介している。

 さらに、本の扱い方にも日本人の清潔好きが出ていると言及。「日本人は本を読む際に基本的にページを折らず、美しいしおりを用いる。そのために中古書の質が高く、古本屋が非常に多い。全国に約1000店舗出店しているチェーン店もある」と説明した。そして最後には、中国人にお馴染みのトイレについても触れ、トイレの衛生基準が非常に厳しいと伝えた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)