中国メディア・東方網は24日、中国人観光客が日本を訪れた際に「わが国とは全然違うなあ」と感じる4つのことについて紹介する記事を掲載した。

 最初に挙げたのは、飲食店で氷水を提供すること。「中国人の食習慣上、冷たい水を飲むと不快感を覚えるので、飲食店では温かい飲み物を選ぶ。しかし、日本の飲食店でお湯を頼むと、店員はキョトンとする。日本では秋冬でも冷たい水を飲むのだ」と紹介した。

 次に挙げたのは物価の高さだ。日本旅行をするには多めにお金を持って行く必要があるとし、特に果物の値段が中国に比べて非常に高いことを説明。果物を始めとする食品以外にも、衣食住すべてにおいて中国の物価レベルより高いため、注意が必要だとしている。

 3つめは、ゴミ箱の存在である。「日本の街はとても清潔であり、日本を訪れるみんながゴミ箱の少なさに対して疑問を持つ。日本に行くときは携帯できるビニール袋を持ち歩く必要がある。ゴミ箱がないからといって、くれぐれもその辺にゴミをポイ捨てして自分自身や中国人のイメージを下げないように」と指摘した。

 そして最後は、決済方法の違いだ。中国ではモバイル決済の使用がもはや一般的になっており、携帯電話さえ持っていればあらゆる決済が完了する一方、日本では現金を持ち歩かないとせっかく買おうとしたものが買えずに終わってしまうと伝えている。

 中国人観光客が驚きを示す日中間の違いは、日本人が中国に行った時にもそのまま感じることになる。飲食店では夏でも熱いお茶が供され、果物や野菜の値段が非常に安く、中国式モバイル決済があらゆる部分に普及している・・・といった点に驚かされることになるのだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)