戦後70年以上が経つが、中国ではいまだに反日感情が根強く残っている。それだけ「日本への恨み」が強いと言えるだが、ではなぜ東南アジア諸国は中国ほど反日感情が強くないのだろうか。中国メディアの一点資訊は20日、「どうして東南アジア人は日本人を恨んでいないのか」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、日本がかつてインドネシアやフィリピン、ミャンマー、マレーシアなどの東南アジア各国を侵略したと主・・・・

続きを読む