朝晩は冷え込むようになり、紅葉など秋を感じさせる便りも届くようになってきた。近年、日本を訪れる中国人が増加しているが、紅葉を見るために日本を訪れる中国人も少なくはないようだ。

 中国メディアの快資訊はこのほど、「春の桜」や「夏の花火」を見逃したとしても、「秋の紅葉は見逃すべきではない」と論じる記事を掲載し、日本の紅葉の名所について紹介している。

 日本は四季折々の風景を楽しむことができ、近年は桜のシーズンに花見をするために訪日する中国人も多い。だが記事は「紅葉も桜に負けないほど美しい」と強調。秋は過ごしやすさも抜群であることから日本を訪れる価値は高いと伝えた。

 さらに、京都周辺は紅葉の名所が多数存在していて、日本古来の建物や文化と紅葉が織りなす風景は「日本独特」のものであり、最高の旅行体験になるはずだと論じた。続けて記事は、京都周辺の紅葉スポットを紹介、その多くは寺院と紅葉したもみじの風景だ。中国人から見ても、京都の寺院と紅葉の組み合わせは心を動かされるものがあるのだろう。

 近年は、訪日する中国人の目的が「モノ」から「コト」へと変化してきていると言われる。秋には日本を訪れた際には、日本の建築物や文化と紅葉が織成す景色を堪能してもらいたいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)