長い歴史を振り返ると、ほとんどの時代において中国は世界の大国として君臨してきた。近代でこそ一時的に立ち遅れたものの、今では中国の国内総生産は世界第2位であり、近い将来に米国を抜いて世界1位になる可能性は高いと言われている。

 中国メディアの今日頭条は19日、アジアには中国だけではなく、日本という強国も存在すると指摘し、「日本が強国として勃興できた3つの特質」について分析した記事を掲載した・・・・

続きを読む