近年、日本を訪れる中国人は増加している。中国人による爆買いは過去のものになりつつあるが、買い物が好きな中国人にとって日本は買い物天国のように感じるという。だが、生まれ育った環境や文化の違いにより、日本滞在中の行動で恥ずかしい思いをすることもあるようだ。

 中国メディアの捜狐は18日、「初めて乗る日本のエスカレーター」という題の記事を掲載し、大阪を旅行で訪れた中国人女性がエスカレーターで経験したことについて紹介している。

 この女性は、中国での習慣どおりに日本のエスカレーターに乗ったところ、周りの日本人から白い目で見られたようだ。記事によれば、この女性はエスカレーターの真ん中に何気なく立ったところ、「秩序もマナーもないなんて、どうせ中国人でしょ」と言われてしまい、非常に恥ずかしい思いをしたという。

 この女性は「自分は何も悪いことはしていないのに、なぜ理由もなく嘲笑されたのか」と憤ったところ、その光景を見ていた旅行ガイドから「日本ではエスカレーターに乗るにもルールがあり、順番を守る必要があること」、「大阪では右側、東京では左側に寄って立ち、急いでいる人のために片側を開けておく必要がある」というルールを教えてもらったと紹介した。

 結論として記事は、旅行へ出掛ける前に渡航先の習慣や規則について勉強しておけば、記事が紹介した中国人女性のような恥ずかしい思いをしなくて済み、旅行を満喫することができると読者に勧めた。エスカレーターの片側を開けて乗ることについては様々な意見があるが、渡航先の文化や習慣についてある程度学んでおくことは誰にとっても大切なことだと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)