中国メディア・東方網は18日、「日本では、汚泥をどうやって宝に変えたのか」とする記事を掲載した。記事の作者は、大阪にあるメルヘンチックな汚泥処理工場を見学して、大いに感銘を覚えたようである。

 記事は、「訪日研修団に参加して、7日間のスケジュールで大阪、四日市、名古屋、東京」を巡ったとしたうえで、最初に訪れた大阪市の埋め立て地にある舞洲スラッジセンターについて紹介。「大阪の市街地から出発・・・・

続きを読む