中国の街中では人びとが食べ歩きした食べ物のごみなどを見かけることが多い。中国ではごみをポイ捨てしても周りから白い目で見られることはなく、誰かに批判されることもほとんどないのが現状だ。中国メディアの今日頭条は13日、日本を訪れた中国人観光客がごみをポイ捨てしていることを紹介し、中国人ネットユーザーたちが「日本で恥を晒すな」と批判していることを伝えている。

 近年、多くの中国人が「買い物」や「花見」、「美食」などを求めて日本を訪れているが、記事は、「中国人旅行客は日頃の習慣どおりに歩きながら物を食べ、食べ終わったごみを路上に捨てる様子が観察されている」と伝え、中国のインターネットユーザーから批判されていることを紹介した。

 続けて、日本でごみをポイ捨てする中国人旅行客は「日本の街中にはごみ箱が設置されていないために、ごみをポイ捨てしてしまうのだ」と「言い訳」すると紹介。確かに日本では街中にごみ箱が設置されておらず、道路の清掃員もいないと指摘する一方で、それでも街中にごみが全く落ちていないのは、「日本人と中国人のマナーが全く異なっている」ためだと論じた。

 中国人は食べることが非常に好きなため、日本を訪れた際にも食べ歩きをする。その結果、観光しながらも「食べる」ため、否応無しにごみが出てしまうと主張しつつ、「ごみのポイ捨て」に対して罰金などの「罰則」を設ければ、中国人もごみをポイ捨てしなくなるのではないかと主張した。

 中国では街中にごみ箱がたくさん設置されている。さらに、道路を清掃員が毎日清掃し、落ち葉や人々がポイ捨てする大量のごみを回収している姿を見ることができる。街中にごみ箱があっても、中国では多くの人がごみをポイ捨てしているのが現状で、罰則を設ければごみのポイ捨てが無くなるかどうかは疑問だ。大事なのは人びとの意識を変化させることであろうが、これにはしばらく時間が掛かりそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)