中国メディア・東方網は15日、日本では「子どもたちに危険を体験させることで初めて、危険を回避する術を学ぶことができる」という幼児教育の理念が存在すると伝えた。

 記事は、「長年幼児教育に携わってきた中国の幼稚園園長が日本の幼稚園を視察に訪れたところ、中国の基準で考えれば日本の幼稚園は『危険だらけ』であることに気づいた」とした。
 
 また同時に、園児たちが困難に直面しても先生がすぐに手助けをしないことに気づいたとし、日本の幼稚園では「すぐに手を差し伸べれば子どもの判断能力が育たず、かえって危険が生じる。危険な環境に触れさせることで、適切な解決方法を探し出す能力を培う」取り組みが行われていると紹介した。

 さらに、子どもたちが遊びの中でケガをすることがあっても、親たちは「小さい頃にちょっとしたケガを経験すれば、どうやって自分の身を守るかの学びにつながり、今後より大きな傷害を負うこともなくなる」と考えることを伝えている。

 そして、敢えて危険な遊び場のある幼稚園をデザインする日本の人気建築家が「もし施設が安全過ぎれば、子どもたちは冒険のチャンスを失うことになる」と語ったことを紹介。「子どもを制御しようとせず、自分の方式で世界を感じさせる。けがをするかもしれないが、人生は始まったばかり。子どもたちはそこから這い上がることを学び、この世界で生きていく術を学ぶのだ。子どもたちは、さまざまな面において想像を超える能力を持っているのである」とした。

 親は往々にして、わが子の能力を過小評価しがちである。それゆえ、ちょっとした危険や困難が迫った時についつい早々に手助けをしてしまう。本当に命にかかわるような危険なことはさせるべきではないが、自分の手でいろいろなものにチャレンジさせてみることも大切なのだ。
 
 しばしば、幼児や児童に対する保護者の過保護ぶりがクローズアップされる現代の中国。その教育に不足しているのは「かわいい子には旅させ」ることなのかもしれない。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)