日本経済の低迷と中国経済の躍進により、中国では「日本はもはや眼中になく、米国こそライバル」だと考える人も少なくない。だが、中国メディアの網易はこのほど、「もし日本を軽く見ているとしたら、実際の日本を知ると恐怖を感じることになるだろう」と主張する記事を掲載した。

 急激な経済成長を続ける中国は、今や国内総生産(GDP)では日本を大きく上回っており、ひと昔前と比較すれば人びとの生活水準も格段に向上した。記事は「上海と東京を比較しても、街のインフラにもはや大きな差はない」と指摘する一方、「こうした表面的な部分だけで日本を軽く見るのは早い」と指摘し、「日本の本当の姿を知れば、その発展ぶりに恐怖を感じるだろう」と主張した。

 続けて、東京など傑出した都市部だけを比べるのではなく、周囲の市町村に注意を向ける必要があるとし、日本が恐ろしいのは「東京に住む人の暮らしと、地方に住む人の暮らしに大きな差がないことだ」と主張した。

 細かい点で言えば東京と地方に差がまったくないとは言えない。しかし、もし中国の上海に住む人の暮らしと、内陸部の農村に住む人の生活を比較すれば、その差は「雲泥の差」と言っても過言ではないほど巨大だ。なぜなら、内陸の農村部では、まだ基本的な生活インフラすら十分に整備されていない地域も多いからだ。記事は、「国民の生活の基盤となる生活環境」が、日本では何処で生活しても保証されていると指摘した。

 歴史的背景や、受けてきた教育の影響で、日本に対して好意的になれないという中国人は多くいる。だが、記事は「心の偏見は一先ず置いて、学ぶ姿勢で日本を訪れることは、中国を発展させることにつながる」と訴えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)