日本に来る外国人の多くが日本のきれいさを称賛するが、それは路上にごみがほとんど落ちていないことと関係があるだろう。日本ではごみのポイ捨ては少なく、住まいの近くにあるごみ置き場に決められたルールに従って捨てる。これは、いつでも自由にごみを捨てられる中国からすると「尋常ではない」と感じられるようだ。中国メディアの今日頭条は7日、日本のごみ分別について紹介し、日本人は「分別ができないと友達がいなくなるほど」とする記事を掲載した。

 記事はまず、日本を「極限までごみを分別している国」として紹介。日本旅行で中国人が困ることの1つはごみ箱が見つからないことだと言われるが、これは、日本に住みはじめた中国人をも困惑させているそうだ。新たな街に移転すると、行政からごみ捨てのルールを記した冊子が渡されるが、細かすぎて分厚く、「もはや本だ」と尊敬しつつも半ばあきれたように伝えた。

 中国では、日本人がここまでできるのは法律が厳しいからだという人が多いが、記事の中国人筆者は「常識」になっているからだとの見方を示している。街で痰を吐いてはいけない、立ち小便をしてはいけないというのと同じで、法の処罰うんぬんの前に常識がそうさせないのだという。スーパーでは環境保護のためにごみ分別に協力する人をよく見かけることからも、各自の環境保護に対する意識が高いと結論付け、感心している。

 さらに筆者は、中国でも人気のあった日本のドラマに、「ごみの分別ができずに地域から孤立した」登場人物がいたと紹介。日本では職業で差別されることはなくても、ごみの分別ができないと差別されるようだと感想を述べている。日本には、こうした「常識」を重視する傾向があると言えるだろう。記事は、これは小さいころから親が教えているためだと分析。食べ物を残さないこと、毎日風呂に入り服を換えること、玄関で靴を脱ぐことと同じで、ゴミを自分で片付けさせるのも「常識」として習慣になっていると紹介している。

 中国人には「常軌を逸している」とまで言われているが、ごみの分別が子どものころから習慣付いている日本人としては簡単なことである。中国人も、ごみを分別しないことにすっかり慣れてしまっているのだろうが、日本のようにきれいな国にしたければ、まずは大人がしっかり学んで子どもに教えるべきであろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)