中国メディアは、室町時代に発明された「煎り酒」が様々な料理に広く用いられ、醤油の代替になる庶民的な調味料として珍重されていたものの、江戸時代の中頃以降に醤油の普及が進み、その価格が庶民的になると、煎り酒の出番は少なくなっていったと伝えている。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む