中国の若者に人気がある日本のアニメ作品。その多くには、ありとあらゆる食べ物が登場する。中国メディア・東方網は12日、「日本のアニメに出てくるおいしそうな食べ物、みんなホンモノだった」とする記事を掲載した。

 まず、最初に紹介したのは、ドラえもんが大好きなお菓子であるどら焼きだ。小麦粉で作った生地の中に小豆あんを挟んで焼き上げた、日本では昔からあるおなじみの茶菓子であると説明。まさにドラえもんにより、中国でも人気が出始めたとしている。

 続いては、羊羹である。もとは中国起源で、羊肉のスープを冷やし固めたものだったが、これが日本に伝わると肉食を忌む日本の僧侶が小豆と寒天を使って冷やし固めたものに変わり、その後、茶道の発展に伴い午後のお茶時の必需品になっていったと伝えた。

 また、クレヨンしんちゃんなどでよく見かけるせんべいについても言及し、「日本の米菓で大小さまざま、味も甘いものからしょっぱいものまである。やはり、日本では客をもてなす際のお菓子である」とした。さらに、桜餅やりんご飴、そして、お弁当の必須アイテムであるタコさんウインナーも実際に存在する食べ物だと紹介している。

 日本のドラマや映画、マンガ、アニメの文化は、中国に様々な日本に関する情報を伝えている。食べ物に関する文化もその1つなのだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)