買い物や食事、景色など、日本には中国人観光客を魅了する要素が多々あるが、中国メディアの捜狐は8日、日本のおもてなしに注目し、「日本のあらゆる場所で見られるおもてなしの心」を紹介する記事を掲載した。

 中国人の生活水準が高くなるにつれ、旅行を娯楽として楽しむ以外に、心の癒しも求めるようになっている。「おもてなし」は、海外に向けて日本文化を伝える言葉となったが、記事もこの言葉を説明し、「崇敬の念を抱きつつ、客人にサービスを提供したり、歓待するという、究極の心遣いである」と紹介。そして、おもてなしは日本文化の精髄であると同時に日本人の生活の中に浸透しており、「日本を訪れるなら、あらゆるところで目にすることができる」と主張した。

 たとえば、「列を作って順番を守る」という姿について、「日本ではあらゆる所で秩序正しく列に並び、エスカレーターでも片側に寄って急いでいる人が通りやすいようにしている」と紹介した。また他にも、「交通規則を守る」という点について「横断歩道に歩行者がいれば、ドライバーは必ず停止して歩行者に道を譲る」と指摘した。

 日本人にとってはごく普通のことであるが、「言うのは簡単だが、実際行うのは難しいこと」と指摘した。中国では同じような場面でも「他人を待ったり、譲ったりする」よりは、「我先に」という姿勢が普通で、そうしなければ自分の番は回ってこないのが普通だ。

 それゆえ、日本人がしばしば「ありがとう」や、「すみません」と口にするのも、中国人からすると「日本の習慣、文化であり、どこでも礼儀正しさが見られる」ように映るという。それはコンビニエンスストアでも例外ではないとし、店員が「笑顔で接客してくれる」と驚き「ここでも最高の買い物体験ができる」と主張した。

 そして記事は、「中国人は日本を訪れて初めて、至れり尽くせりの意味を理解できる」と主張し、日本の至る所で見られる「人の態度、接客サービス、使う人のことを考えて設計した物のデザイン」は、「中国人からすると究極の域に達しているように映るのだ」と指摘した。こうした意見を聞くと、日本には中国人を魅了してやまないモノやコトがたくさんあることが良く分かる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)