中国メディア・東方網は12日、日本と中国での交通死亡事故発生率に非常に大きな差があるとしたうえで、日本で交通死亡事故が少ない理由を分析した記事を掲載した。

 記事は「日本は島国で人口密度が高く、自動車も密集している。自動車は日本で一般的に見かける交通手段だが、交通事故による致死率は極めて低くわずか0.77となっている。一方で中国は6.2にものぼる。この差は間違いなく巨大であり、その背後に・・・・

続きを読む