中国メディア・環球網は12日、国連機関が発表した自然災害の被害に関する統計で、過去20年間の自然災害で生じた損害額ワースト3が米国、中国、日本だったことが明らかになったと報じた。

 記事は、国連国際防災戦略事務局(UNISDR)が10日にジュネーブで発表した最新報告の内容を紹介。世界的に自然災害の数が急速に増加しており、1998年から2017年の間に、洪水、地震、津波、熱波、干ばつなどの・・・・

続きを読む