歴史的な背景から日本に対して好意的な感情を抱いていない中国人が大勢存在することは、日本人でも知っていることだ。しかし、近年は訪日する中国人観光客が増加し続けており、日本でたくさんの買い物をして帰国している。中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国人は日本に複雑な感情を抱いているくせに、なぜ日本を訪れ、日本で買い物をしたがるのか」と問いかける記事を掲載した。

 日本で「爆買い」という言葉が出来るほど、中国人観光客の購買意欲が旺盛なことは中国でも大々的に報じられた。記事は、こうした様子を耳にした中国人は「中国では日本の話題になると、多くの人が日本に対して怒りをあらわにする」のに、一方では「多くの人が日本へ旅行に行きたがって、競うように日本の商品を買ってくる」のも現状であり、中国人の心理には大きな矛盾が生じていると主張した。

 続けて、過去に反日感情が高まり、ネット上でも日本製品の不買運動が高まった時期があっても、不買運動は数カ月もすると収束し、中国人たちは再び日本へ向かうことを繰り返してきたと指摘。そして、中国人が日本で買い物をしたがる理由について、「中国人の生活水準が向上し、消費者としての要求が高くなったため」であると伝え、中国人消費者の生活上のニーズを満たしてくれるのが日本製品であり、日本のサービスも質が高いため、消費していて気持ちが良いのだと論じた。

 中国の街中でも輸入商品を専門に販売する店を見かけるようになったり、地元スーパーでも外国製品の取り扱いが増えるなど、商品が割高でも「国外の物のほうが質や安全性が高い」という認識が中国人の間で広がっているのは事実だ。中国では中国産の製品に対する信頼はほとんどなく、日本製品は安全で安心、しかも品質が高いという認識が定着しており、こうした認識が「日本に複雑な感情を抱きつつも、中国人が日本で買い物をしたがる理由」と言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)