中国メディア・東方網は8日、中国に住んでいる日本人の数が5年連続で減少したことが明らかになったと報じた。日本を訪れる中国人観光客や日本へ移住する中国人が増えるなか、中国にいる日本人が減っているというのは印象的だ。

 記事は、日本の外務省が先日まとめた海外在留日本人に関する調査で、昨年10月1日現在で中国に居住していた日本人は前年同期比で3%減少して12万4000人で、2013年より5年連続で減少したことが明らかになったと伝えた。なお、在外邦人の全体のなかでは米国の約42万6000人に次ぐ多さとなっている。

 中国在住日本人が減り続けている理由について記事は、12年・・・・

続きを読む