中国メディア・東方網は8日、中国で2次元バーコードを用いたモバイル決済が急速に浸透する一方で、日本ではその普及率が10%にも届かない状況であることが調査の結果分かったとする記事を掲載した。

 記事は、デロイト・トウシュ・トーマツが5月に10歳から59歳の日本人男女2000人に対して実施した、二次元バーコード決済やモバイル決済の利用実態と今後の利用の以降に関する調査結果を紹介。これまでに2次元バーコード決済を利用したことのある人はわずか9.1%にとどまり、スマートフォンなどによるモバイル決済を使ったことのある人の割合も20%だったと伝えている。

 調査結果から見ると・・・・

続きを読む