日本で使用されている漢字は中国から伝えられたものであり、中国人にとって日本は同じ漢字文化を持つ国として親しみやすさを感じるようだ。だが、日本の街中で見かける漢字の単語のなかには「意味が理解できない」ものも多々あるようだ。

 中国メディアの網易はこのほど、「中国人はなぜ日本の街中で見かける漢字の意味を理解できないのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、日本で見かける漢字の意味を紹介している。

 記事は、日本語で日常的に使用される漢字の数に比べ、本場の中国には膨大な数の漢字があり、普段使用する漢字の数も日本より当然のように多いことを強調しているが、それではなぜ日本人より多くの漢字に接しているはずの中国人は日本で使用されている漢字の意味が理解できないのだろうか。

 日本と中国では同じ漢字を使っていても、違う意味を持つ単語も少なくないと紹介。たとえば、日本の駅に設置されている清算機の「清算」は、中国語では「結算」と表記することを紹介したほか、店の看板などに書かれている「激安」は中国語では「便宜」となると指摘。他にも「受付」は「服務台」、「無料」は「免費」、「お手洗い」は「厠所」となることを紹介し、こうした単語は中国人には意味が伝わらないものだと伝えた。

 日本と中国は同じ漢字文化を持つ国であるものの、日本人にとっても中国語の単語の意味がわからないものは少なくない。漢字を使った筆談ではニュアンスで意味を伝えることはできるが、やはり正確な意味を伝えるのは難しいケースは少なくない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)