中国メディア・東方網は5日、「お馴染みの中国サッカーがまた戻ってきた! 日本に0-4で惨敗した挙句、人としても負けた」とする記事を掲載した。

 記事は、「先日、陝西省で行われたU16の4カ国親善大会で、中国のU16代表は同じ世代の日本代表にずたずたにされた。中国は前半1本もシュートを打てず、日本のペナルティエリア内にすら入れない状況だった。後半、試合の大勢が決まると日本は主力の多くを下げたが、中国はそれでも局面を打開できないうえ、さらに失点する体たらくだった」と紹介した。

 そして、試合全体を通して中国は常に受け身に回り、反撃をする力さえなかったと指摘。日本はセン・・・・

続きを読む