中国では近年の経済発展に伴い、本格的な車社会へと変化しつつある。多くの人が車を運転するようになれば必然的に事故も増えるものだが、中国では特に交通事故による死亡者数が多く、社会問題となっている。

 中国メディアの捜狐は1日、「日本では交通事故による死亡者数が少ないのはなぜなのか」と疑問を投げかける記事を掲載し、交通事故を減らすために行われている日本の取り組みについて紹介している。

 日本では年々交通事故で死亡する人の数が減少しており、2017年の死亡者数は3694人で過去最少を記録した。痛ましい事故で亡くなる人が減り続けているのは日本で行われているさまざまな取り組み・・・・

続きを読む