外見こそよく似ている日本人と中国人だが、習慣から考え方まで様々な違いが存在する。では中国人から見た日本人と中国人の違いとはどのようなものがあるのだろうか。中国メディアの捜狐はこのほど、普段の生活における日本人と中国人のさまざまな違いについて紹介している。

 記事はまず、日本の若い女性は季節を問わずにスカートを履いて、足をさらけ出す傾向にあるが、中国では夏になると男性が裸でうろうろしていると紹介。中国でもスカートを履く女性は大勢いるが、冬は絶対にスカートを履かない人が多い。これは中国では体を冷やすことは万病の元と考えられているためだ。また、日本では街中など公衆の面前で上半身裸になる男性はまずいないが、中国では夏になると上半身裸になったり、Tシャツなどを捲り上げてお腹を晒して歩いている男性が非常に多くみうけられる。

 次は、買い物をした時の日中の違いだ。記事は「日本では売り手側が買い手に対して『ありがとうございました』と言うのが普通だが、中国では買い手側が売り手に『ありがとう』と言うのが普通」と紹介した。中国の場合は必ずしも買い手側が売り手に謝意を示すわけではないが、これは中国が過去に計画経済を導入していて、売り手側の立場の方が強かった時代の名残と言えるだろう。

 続けて、普段の会話時における声量の違いだ。日本人は中国人同士の会話を「口論」と勘違いすると紹介する一方、中国人は日本人同士の会話について「秘密の話をしている」と勘違いすると指摘した。中国人は周囲をあまり気にしないうえ、声も大きく、抑揚のある中国語ならではの発音のせいもあって、中国人同士の普通の会話であっても「口喧嘩をしているのではないか」と勘違いしてしまう日本人は多いようだ。

 また記事は、日本人は仕事が終わると酒を飲みに行く人が多いが、中国人は時間ができると麻雀を打つ人が多いと紹介。そのほか、多くの中国人は今も「日本人は抗日ドラマに出てくるような野蛮で憎たらしい人びと」だと誤解していると指摘する一方、日本人は今も中国人は貧しい人びとだと誤解していると主張した。中国人旅行客による爆買いが話題になったことで、中国人はまだ貧しいと誤解している日本人は減ったであろうが、実際に中国を訪れ、中国の発展ぶりを目にした日本人の多くは驚きを隠せないほどの衝撃を受けることから、中国経済の強大さを知らない日本人はまだ多いと言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)