韓国・済州で10月10日から14日にかけて、国際観艦式が行われるが、韓国側は日本に対して自衛艦旗「旭日旗」の掲揚を自粛するよう求めた。日本側は旭日旗の掲揚を自粛せず、韓国の要請を拒否する方針を示している。

 中国メディアの一点資訊はこのほど、韓国が旭日旗の掲揚自粛を求めたことについて「国際観艦式ではあまり前例のない要請」であると指摘する一方、旭日旗を拒否する姿勢を見せた韓国の考えに対して賛同する記事を掲載した。

 記事は、旭日旗は第2次世界大戦で旧日本軍が使用した旗であり、国際社会は旭日旗について「日本軍国主義の象徴と認識している」と主張。さらに、第2次世界大戦で・・・・

続きを読む