将来を考え、子どもに最善の教育を与えたいと思うのは親の共通の願いと言えよう。教育に力を注ぐ中国の親たちのなかには、日本の教育方法にも関心を向ける人がいる。中国メディアの一点資訊は26日、「日本の教育現場を見て初めて、日本と中国の子どもの差がどれほど大きいかを思い知らされた」と論じる記事を掲載した。

 中国の親たちは、子どもたちがスタートラインの時点で出遅れることを恐れ、就学前に様々な習い事をさせて秀でた特技を持たせ、他の子どもより優位に立たせ、将来の成功へと繋がることを願っている。しかし、学力や技能に重きを置くあまり、身の回りのことは全て親や祖父母が世話をする傾向にある。 続きを読む