将来を考え、子どもに最善の教育を与えたいと思うのは親の共通の願いと言えよう。教育に力を注ぐ中国の親たちのなかには、日本の教育方法にも関心を向ける人がいる。中国メディアの一点資訊は26日、「日本の教育現場を見て初めて、日本と中国の子どもの差がどれほど大きいかを思い知らされた」と論じる記事を掲載した。

 中国の親たちは、子どもたちがスタートラインの時点で出遅れることを恐れ、就学前に様々な習い事をさせて秀でた特技を持たせ、他の子どもより優位に立たせ、将来の成功へと繋がることを願っている。しかし、学力や技能に重きを置くあまり、身の回りのことは全て親や祖父母が世話をする傾向にある。

 一方で記事は、日本の教育は「子どもを甘やかせると、子どもの能力が育たなくなってしまう」という認識のもと、就学前の子どもたちに「自立心や責任感、自己鍛錬や、人への敬意」を教えることを重視していると指摘した。また、親が子どもを心配する余り、何にでも手を貸してしまう傾向にある中国とは異なり、日本では「幼稚園の時から、荷物を自分で持たせ、歩いて通うように教育する」ことや、学校の授業でも子どもに独立性を培わせるため、「家庭科や農作物を育てるといった体験を織り交ぜたカリキュラムが設けられている」ことを説明した。

 また家庭での教育について、「日本では子どもが物心がついた頃から、両親は子どもに敬語や、お辞儀をして挨拶すること、また食事のマナーを教える」と指摘し、こうして「子どもが人に対して敬意を払い、礼儀正しくあるべきことを教えている」と紹介した。

 中国では、礼儀作法は大人になれば自然に身につくと考え、小さなうちは子どもの好きなようにさせる家庭が多く、日本人の子どもが幼くても既に礼儀作法を身に着けている姿を目にすると驚きを見せる。中国は経済的に豊かになり、海外との交流が増えるなかで、自らの姿を客観的に見つめなおす時期に来ているようだ。子どもの教育においても、学力や才能を伸ばす以外にも重要な教育あることを、中国人の親たちは日本の子ども達の姿から学ぶようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)