タイは東南アジアのなかでも渡航先として特に人気が高い国で、日本や中国、韓国からの観光客も非常に多い。中国メディアの今日頭条はこのほど、タイの人びとから見て「日中韓の観光客のうち、どの国の人が高い評価を受けているか」を紹介する記事を掲載した。

 国外旅行がブームになっている中国において、タイは人気渡航先ランキングで常に上位に顔を出す国だ。記事はタイについて「大きな国ではないが、信仰心の厚い仏教文化があり、人びとは友好的でおおらか、そして、豊富な海の幸があって物価も安いという4つの特色がある」と紹介し、中国人にも人気の旅行先となっていると指摘した。

 中国人旅行客のマナーは時おり良くない評判が聞かれることがあるが、「タイ人の目に映る中国人観光客の印象」は、中国人にとって気になるところであろう。記事はまず、タイを訪れる日本人観光客について、タイ人の目には「礼節を保っていて礼儀正しいが、お金に細かい」と映っていると主張。たとえば、「レストランではチップはそれなりにしか渡さないし、価格が不当だと感じれば店主に交渉までする」と、気前が悪いイメージを持っているようだと主張した。

 また、韓国人観光客に対しては、「買い物狂と言えるほど、買い物好きで、また支払いの際に値引き交渉をするのも大好きだ」と指摘した。時には値引き交渉に数人が加わり、もし値引きが成功しない時は、店主を罵るほど熱が入るという。

 最後に、中国人については「タイ人は中国人観光客が好きで、歓迎している」と主張し、その理由として「中国人観光客はとても善良で気前が良いから」と主張した。たとえば「路上で物乞いをしているタイ人にも施しをする」し、支払いでも非常に気前が良いので、「店主と争う事など決してない」と主張し、タイ人から「中国人観光客が一番良い評価を受けて歓迎されていると聞けば、中国人も心が温まるだろう」と論じた。

 こうした評価がどこまで本当のものかは分からないが、日本と韓国と比較して中国人が歓迎されているというのは当の中国人にとっては非常な歓びのようだ。消費意欲が旺盛な中国人は日本をはじめ、世界で歓迎される存在となっており、その消費を目当てにタイでも歓迎されていても不思議ではないだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)