日本人の食生活に欠かすことのできない調味料の1つに「醤油」を挙げることができるだろう。醤油の起源は中国にあるという説があり、中国から日本に持ち込まれた後に独自の変化を遂げたとも言われている。

 中国メディアの捜狐は25日、「醤油は日本人にとって欠かせない調味料」であることを指摘する記事を掲載し、日本人の生活と醤油は切っても切り離せないほど密着したものだと紹介している。

 記事は、日本と中国は同じアジア圏に属しているが、その文化や生活環境、食習慣には大きな違いがあることを紹介。日本料理では素材の鮮度や盛り付けにこだわることや、味付けに「醤油」が非常に重要な位置を占めているとした。中国にも醤油は存在するが、日本ほど頻繁に使われるものではなく、数ある調味料の1つに過ぎないという位置付けだ。

 続けて、現在日本で使用されている「醤油」のルーツが中国にあると主張し、日本では一口に「醤油」といっても様々な種類があり、「白醤油」、「淡口醤油」、「甘口醤油」、「濃口醤油」、「再仕込醤油」、「溜醤油」などの種類があるとした。さらに、日本人は「醤油」の製造方法にこだわっており、大豆や米、麦などを蒸して発酵させた「本醸造」と呼ばれる製法で1年以上の歳月をかけて作られているゆえに、「醤油かけご飯」はある意味「高級料理にも劣らない」と紹介、「醤油は日本人の第2の血液である」と表現する人もいるが、これは決して大げさではないことを伝えた。

 確かに日本食に醤油は欠かすことのできない調味料と言える。中国でも「醤油」は存在するが、あまり頻繁に使われないうえに食塩や色素、食品添加物が加えられているものがほとんどであるゆえ、中国で刺身を醤油で食べても、日本で食べるほどの感動は味わえないのが現状だ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)