不動産バブルが生じていると言われる中国。不動産価格が高止まりする一方で、土地入札の不成立が増えていることなどからバブル崩壊の可能性が指摘されており、日本の過去のバブル崩壊と中国の現状を比較する報道も少なくない。

 中国メディアの捜狐は23日、バブル崩壊当時の日本と現在の中国には相似点が数多く存在すると伝え、中国の不動産バブルも楽観視はできないと伝えている。

 日本の国土面積は約37万8000平方キロメートルで、中国の1つの省ほどしかない。山地を別にして人が住みやすい平地の面積を考えればさらに狭くなるため、日本にとって土地は非常に貴重な存在だと言えるだろう。記事は、・・・・

続きを読む