日本を訪れる中国人観光客の数は増加を続けており、その勢いはとどまることを知らない。訪日中国人の数は中国全体の人口から見るとまだごく一部であるとしても、日中間の歴史的背景から反日感情が非常に強かった時代と比べれば、中国人の考え方も大きく変化してきていると言えるだろう。

 中国メディアの今日頭条は24日、日本を訪れた中国人の多くが帰国後に「また日本に行きたい」と感じていると伝え、「日本の何が、それほど忘れがたい印象を与え、中国人を惹きつけるのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事はまず1つ目の要素として、「日本はすでに都市建設が完成しているうえ、日本人の民度が高い」ことを挙げた。日本は早い時期から資本主義国として発展を遂げてきたため、各都市のハード面はすでに完成している。さらに日本人の環境保護意識や公共の物や他人への配慮といったモラルも成熟していることを紹介、「こうしたことを体験すると、中国人観光客は日本の何処へ行っても快適で心地良く感じるのだ」と主張した。

 2つ目の要素としては、「日本各地に四季の美食と美しい景色がある」ことを指摘した。中国人にとって日本食の多様性は新鮮に感じられるようで、さらに日本各地にはその土地ならではの特産物があって、旬の季節を楽しめることも「何度も足を運びたくなる要因となっている」と主張した。また、「日本製品の質の良さ」から、日本では安心して買い物を楽しめることも中国人には大きな魅力となっているという。

 記事には、中国ネットユーザーから「また日本に行きたいと感じたのは、自分だけではなかったのか」といったコメントも寄せられていた。今でも中国で日本びいきの発言をするのは批判を招く可能性のあるリスクを伴う行動と言えるが、本音では「日本をもう一度訪れたい」という気持ちを持つ中国人は少なくないようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)