中国ではモバイル決済が凄まじい勢いで普及している。多くの人は財布はもはや持ち歩く必要がなくなり、スマートフォンだけを持てば済むようになった。デパートから街中の露店まで、ありとあらゆる場所でスマホ1つで決済ができるので、財布がなくとも何ら問題にならない。

 日本でも徐々にキャッシュレス社会の実現に向けた機運が高まりつつあるが、それでもまだ現金決済が中心であることに変わりはない。中国メディアの新浪はこのほど、「なぜ日本人は現金主義なのか?」と疑問を投げかける記事を掲載し、その理由について紹介している。中国より早くに経済が発達した日本において、多くの人が今でも現金で支払いをしていることは、中国人からすると「不思議」に感じられるようだ。

 中国はキャッシュレス社会を実現しつつあると言えるが、記事はこれには「現金を持ち歩くことが多くの人にとって煩わしいことである」ことのほかに、「偽札」を掴まされる恐れがないことや、「ボロボロで、しかも汚れていることで有名な紙幣を使用しなくて済む」といった特殊な環境が影響していると分析した。

 では、なぜ日本においてモバイル決済がなかなか普及しないのだろうか。記事は、モバイル決済をすることによって、誰がどこでどのような品物を購入したのか、さらにはどのような行動をしているのかなどの個人情報が第三者に知られることを日本人は嫌うためであると分析し、もしこうした問題が解決されれば、日本でもモバイル決済が普及するだろうと予測した。

 さらに記事は、日本ではクレジットカードの普及率が高く、日本全国いたる場所でクレジットカードを使用できることも、日本でモバイル決済が普及しない要因の1つとも主張した。確かに中国ではクレジットカードが普及する前にモバイル決済が普及したが、中国でもクレジットカードが普及していたら、モバイル決済の普及が遅れた可能性はあるだろう。

 新しいものが大好きな中国人に受け入れられたモバイル決済だが、中国人はその欠点ではなく、利点を重視していると言えるだろう。だが、一度使用したら、その手軽さに感動し、スマートフォンが手放せなくなることも理解できる非常に便利なサービスなのは間違いない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)