中国で連日のように放送されている抗日ドラマ。近年は中国人からも内容が「デタラメすぎる」と批判の対象となっている。中国人としてはこうした抗日ドラマが日本でどのように受け止められているのか、気になるところがあるようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国の抗日ドラマは「まるでファンタジーのようで、歴史をわい曲している」と批判を招いていると指摘する一方、日本人は抗日ドラマの荒唐無稽さを楽しんでいると論じる記事を掲載した。

 記事は、日本の一部のネット上では中国の抗日ドラマを翻訳しながら、その内容を楽しんでいると紹介。抗日ドラマの内容は中国人ですら「怒りを覚えるほど」だが、日本人が怒らないのは「抗日ドラマに登場する日本人が本当の日本人とかけ離れていて、日本人としては全く感情移入できない存在」だからではないかと主張した。

 さらに、日本では中国で放送された抗日ドラマを特集した書籍まで存在することを強調する一方、中国の抗日ドラマの内容を考えれば「日本人にからかわれても仕方がない」と主張。中国人としては抗日ドラマによって悲劇的な歴史の真実が「塗りつぶされてしまう」ことが心配であると伝えている。

 抗日ドラマが「デタラメ」だと批判されているのは、たとえば中国人兵が日本兵を手刀で切り裂くといった演出や、その時代には存在しなかった兵器が登場するといった時代錯誤な演出だ。また、日本兵を極端に弱く描くことは「日本兵と戦って死んだ中国人を冒涜すること」だという批判も見られ、実際に抗日戦争に参加した中国の高齢者のなかには「抗日ドラマはデタラメだから見ない」という人も存在する。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)