日本では近年、空き家問題が浮上するようになった。空き家率に関しては、30パーセントを超えると都市環境が悪化し、住みづらい街になってしまうと言われる。中国メディアの今日頭条は24日、日本の空き家は1000万戸近くになっており、東京以外はゴーストタウン化しつつあるとする記事を掲載した。

 日本の空き家問題はそれほど深刻なのだろうか。記事は、東京以外は空き家が増えているとしている。北海道などは、札幌以外人口が減少しており、夜は真っ暗なのはもちろん、昼間でさえ人を全く見かけないと紹介。また、東京周辺もゴーストタウン化してきており、「神奈川の空き家率は34%になった」と主張しているが、実際には・・・・

続きを読む