日本人女性と中国人女性の違いは中国でよく話題になるが、日本人男性と中国人男性も、一目で見て分かる違いがあるという。端的に言えば「ファッションセンス」の違いと言えるだろう。特に、中年以上の年齢層では中国におしゃれな男性はあまり存在しないと言える。中国メディアの捜狐は19日、「なぜ日本の男性は中国の男性よりもおしゃれなのか」と題する記事を掲載した。

 記事はこの理由を、日本人男性はおしゃれに興味があり、ファッション雑誌を参考にしているためだと指摘している。実際、日本には非常に多くの男性ファッション雑誌があるが、記事の中国人筆者は異なる年齢層、タイプ、分野に対応した男性ファッション誌が数多く出版されていて読者も多いと、日本におけるメンズファッションの需要の高さを紹介した。

 続いて、日本の男性向けファッション誌7つを紹介。20代向けにはポパイとメンズノンノがあると伝えた。内容が具体的で、コーディネートの方法からデートに何を着ていくかといったアドバイス、さらには、登山にはどんなリュックが向いているかといった内容もあるので、少し上の年齢層にも読まれていると紹介している。

 30歳以上の大人の男性に向けた雑誌も複数あり、アメリカントラッド向け、ライフスタイル情報誌、上品な紳士向け、セレブのライフスタイルというように、ターゲットを絞っていると伝えた。最後に「昭和40年男」を紹介。雑誌名から分かるように、50歳以上の男性を対象にしている。中国では50歳以上の男性というと、年寄り扱いされがちで、筆者も「余生、健康に関心がありそう」と思っていたが、この雑誌のコンセプトを知り目からうろこだったそうだ。「男性というのは大人になっても年を取らないし、好きなものは変わらない」という発見をしたと伝えている。

 世界的には雑誌業界は厳しくなる一方だが、日本ではメンズ雑誌がこれだけ多く刊行されていることを考えると、それだけおしゃれに興味のある男性が多いということだろう。中国人男性も、ここまでのおしゃれ上級者とまではいわなくても、まずはシャツを捲り上げて腹を出して歩き回る裸族を脱して、清潔感のある身なりをするように心がけてみてはいかがだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)