ほとんど日本に決まりかけていた受注を中国が奪う形になったインドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画。このプロジェクトは、全長142キロメートルで、完成すれば首都ジャカルタからバンドンまでの移動時間が現在の3時間あまりから約40分に短縮されることになる。中国メディアの舜網は、このジャワ島の高速鉄道に関する記事を掲載した。

 2015年に中国が受注を決め、翌年の1月には起工式が大々的に行われていた・・・・

続きを読む