中国では非現金決済がここ数年で飛躍的に普及し、外出時にスマートフォンさえ持っていれば困ることはない。中国では非現金決済の2大勢力である阿里巴巴(アリババ)集団が手がける「支払宝(アリペイ)」と、謄訊控股(テンセント)の「微信支付(ウィーチャットペイ)」が提供しているサービスが非常に便利で、買い物や飲食の支払いはもちろん、光熱費や通信費、家賃の支払いや、個人間の送金、給料の受け取りも行うことができ、中国人の生活に必要不可欠なサービスとなっている。

 中国メディアの今日頭条は17日、「日本で地震が発生した後に生じた事態は、キャッシュレス社会となった中国に警告を与えた」と指摘する記事を掲載・・・・

続きを読む