近年、日本のスポーツ界で華々しい活躍を見せる選手が増えている。特に中国が強い競技での飛躍が目立つため、中国としては警戒心を抱かざるを得ない状況のようだ。中国メディア快資訊は13日、日本人のスポーツ界における活躍に注目し、「日本のスポーツのレベルが目覚ましく向上していることは、中国スポーツ界に警鐘を鳴らすものだ」と主張する記事を掲載した。

 記事はインドネシア・ジャカルタで開催されたアジア大会で各国が獲得した金メダル数を比較し、「中国が最多となる132個のメダルを獲得したものの、日本が75個の金メダルを獲得していることは過小評価できない」と指摘。なぜなら、2014年に仁川で開催されたア・・・・

続きを読む