中国メディア・東方網は19日、「どうして日本は世界から歓迎されるのか。日本の駐車場の様子を見れば分かる」とする記事を掲載した。

 記事は、近ごろある中国人ネットユーザーが日本の駐車場の画像をネット上に掲載したところ、他のユーザーから「われわれも学ぶべきだ」との声が出たことを紹介した。

 話題となった画像は、特に変わったところはない普通の平面駐車場の様子を撮影したものなのだが、中国のネットユーザーたちは駐車枠が一本線ではなくU字型になっていることに注目したようだ。記事はU字の駐車枠について「非常に人に優しい。車と車の間に空間ができることで、誰かにうっかり車をぶつけられる心配も少なくなる。このようなデザインは中国ではとても珍しい、いや、ほとんどないと言っていいのではないだろうか」している。

 その一方で、中国のネットユーザーからは「U字枠は中国では意味がない」との声も出ていることを紹介。その理由について「中国のドライバーのモラルは日本とはかけ離れており、寛容さと礼儀に欠けている。そして、高級車の所有者は大衆車の持ち主よりも偉いと思い込んでいる。だから、BMWやアウディを運転する人はモラルがないなどと広く言われてしまうのだ」とし、譲り合いの精神がなければU字の枠にして駐車スペースにゆとりを持たせても結果は同じとの見解を示した。

 記事は「日本の駐車場と中国の駐車場にはどんな違いがあるのかもう一度考えてみよう。実のところ、日本人の方が秩序正しく駐車している、というだけに過ぎないのだ。私は親日ではないが、秩序正しく駐車するという点について中国の多くのドライバーは本当にできていない。運転に気を使ったとしても、駐車には気が回らない。ドライバーの基本的なモラルは、広い目で見れば国民のモラルの表れなのである」と論じている。

 これまでしばしば、土地の狭い日本で可能な限り多くの自動車を停めるべく設置された立体駐車場やタワー型駐車場などが中国のネット上で紹介されてきた。そこには、自動車所有台数の増加により大都市において駐車場の問題が発生している中国でも参考にすべきとの観点も含まれているのだが、どんなに優れた駐車場でも、使う人のレベルが低ければ「宝の持ち腐れ」になってしまうのである。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)