中国人の多くは幼い頃から愛国主義と反日教育を受けて育つゆえに、日本に対して友好的な感情を抱きにくいようだが、日本を訪れることでそれまでの感情が一変する人もいるようだ。中国メディアの捜狐は17日、「日本人を嫌っていた中国人であっても、訪日をきっかけに日本好きに変化するのはなぜか」と問いかける記事を掲載した。

 中国には今もメディアを通じてしか日本に触れたことがない人が大勢存在する。訪日中国人が増えていると言っても、中国の人口を考えれば日本を訪れている中国人は全体のごく一部と言える。中国で連日放送されている抗日ドラマなどで描かれる旧日本軍のイメージにより、「日本人は冷酷で悪魔のようだ」と批判を続ける中国人も少なくない。

 しかし記事は、「日本嫌いの中国人を日本へ連れて行くと、それまでどんなに辛辣な言葉を語っていた人であっても、日本を批判するのをぴたりと止める」と主張し、「ここまで日本に対する態度が変化するなんて、日本でどのような体験をしているのだろうか」と問いかけた。

 反日感情の強い中国人であっても、ネット上などで日本を訪れた同胞の体験や感想を少しは耳にしたことがあったはずだが、記事は「自分自身で日本を訪れて初めて、日本に対する偏見があったことに気が付く」と紹介。では、日本を訪れた中国人は、自国にはないどのような体験をするのだろうか。記事は、日本を訪れた中国人が体験することとして、「日本ではすべての人が優れたサービスを受けられるが、中国では一部の富裕層だけが優れたサービスを受けられる」と指摘した。こうした差別的対応がないというのも日本の魅力のようだ。

 また、日本の百貨店では「商品の品質、価格、設計、品物の陳列、環境、サービスのすべてが素晴らしく、誰が訪れてもまるで自分のために開店しているかのような錯覚に陥る」と説明した。中国ではお金持ちでなければ、頭を深々と下げてお辞儀をしてもらえるような接客は期待できず、高額な買い物をしなければ相応の客として扱われないことが一般的だ。

 結論として記事は、日本では「お客様は神様」という鉄則のもと、あらゆる場所で質の高い接客サービスを受けられることが「中国人の強い反日感情を溶かしてしまう」とした。今後も多くの中国人に日本のおもてなしを体験して欲しいところだ。そうすれば中国人の歴史問題を背景とした否定的な対日感情も好転することだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)