中国では、近年の目覚しい経済発展と旅行ブームにより、多くの人が国外旅行を楽しむようになっている。同じアジア圏に属し、物理的な距離も近いことや気候、文化も似ているゆえ、日本を訪れる中国人は増加しており、1度ならず複数回訪れる人も少なくないようだ。

 中国メディアの今日頭条は16日、「日本を1度でも訪れた中国人は再訪を望むようになるのはなぜなのか」と題する記事を掲載し、日本を訪れる中国人観光客がリピーターとなる理由について紹介している。

 まず記事は、過去に起きた出来事ゆえ、中国人は日本人に対して「憎しみ」を抱いていると主張する一方、グローバル化が進んでいる現代において、国同士の交流が増えていることも事実で、日本を訪れる中国人も増えており、日本を訪れた中国人は忘れることのできない体験をしていると紹介している。

 では、日本を訪れた中国人は日本でどのような体験をし、何度も訪れたいと思うようになるのだろうか。記事は、日本の街が非常に「清潔」であることや、日本人の細やかなサービスさらに、日本のアニメや漫画などの文化が、中国人観光客の心を捉えるものとなっていると紹介した。

 他にも記事は、近年の中国では物価が上昇しているため、より質の良い商品が安く販売されている日本を訪れて様々な商品を購入することに多くの中国人は抵抗を感じなくなっていることも指摘し、これも中国人が日本を何度も訪れる理由となっていると伝えた。

 結論として記事は、中国人のなかには日本を訪れたこともないのに、「日本へ行くべきではない」とか、「日本人に利益をもたらす必要はない」と言う人がいると指摘する一方で、本当の日本を理解してから評価しても良いのではないだろうかと読者に問いかけている。過去の暗い歴史という事実があるにもかかわらず、近年多くの中国人が日本に関心を持ち、実際に日本を訪れているのは相互理解という点で有益だと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)