中国製造業の成長は覚ましく、中国メーカーのスマートフォンやタブレットはコストパフォーマンスの良さから、世界中で販売を伸ばしている。しかし、今でも多くの中国人は中国産の製品ではなく、日本製品を高く評価し、信頼を置いているのも確かだ。中国人旅行客が過去に日本で温水洗浄便座を爆買いしたのも、日本製品を信頼してのことだ。

 中国メディアの今日頭条は16日、「日本を訪れて買い物をした中国人観光客が、帰国後に日本で買った品物を手に取って赤面するケースが増えている」と紹介し、中国人が赤面するエピソードを紹介している。

 まず記事は、歴史的背景から中国人は日本に複雑な感情を抱いていること、また日本が自然災害の多い国であるにもかかわらず、「日本は中国人を引き寄せる、人気の観光地となっている」と紹介。その理由として、日本では観光客を騙したり、客から代金をぼったくるといった行為がほとんどなく、観光で訪れていたとしても快適な環境を体験でき、上質のサービスを受けることができるためだと指摘。また、買い物でも「日本は偽物や品質を偽った商品がない」とし、「同じ価格の物を買うなら、中国ではなく、日本で買い物をした方が価値がある」と主張した。

 しかし、「日本で販売されているからといって、すべてが日本製品と言うわけではない」とも指摘し、「中国の工場で造られた部品や原材料を日本が輸入し、日本で加工して販売している商品もある」と注意喚起。また、日本人が普段の生活で使用している物には「中国製」も非常に多いことを強調し、日本に旅行した中国人が友人のために日本で買ったお土産を手渡した際、外装に「中国製」の文字を発見するなり「笑うにも笑えず、泣くにも泣けない心境になった」というエピソードを紹介した。

 中国人は友人や親族にお土産を買うことに対して非常に強い思い入れを持つため、中国人に中国製を日本のお土産として渡してしまったことで、その場がとても気まずい雰囲気になったであろうことは容易に想像できる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)