中国では、詰め込み式の学校教育に対して批判の声が存在するものの、なかなか改善されないようだ。この点、日本もかつては詰め込み教育に重点が置かれていたが、その後大きく改善したためか、中国では日本の教育と比較する人が少なくない。中国メディアの今日頭条は14日、「日本の小学校の給食が教えてくれること」と題する記事を掲載した。日本の給食の習慣について知ると、中国の教育との違いが理解できるという。

 記事は、中国の親の多くが「子どもは勉強さえしていれば良い」という考えで、勉強以外のことは大人がすべて解決してあげると紹介。しかし、記事の中国人筆者は、これでは子どもは勉強以外何もできない人間に育ってしまい、親も一生子どもの面倒を見られるわけではないと指摘している。

 一方、日本は小学校の給食を通して「我々に足りないものを学んでいる」と紹介。子どもたちは、上げ膳据え膳ではなく食事の前後にそれぞれ役割を与えられることで「食育」を学んでいると紹介している。食事の前には、子どもたち各自がランチョンマットやマイ箸を出して並べ、給食当番の子どもはエプロンにマスク、帽子姿でクラスの分の給食をもらいに行き、分配する。みんなが準備できたら教師の合図を待ち、感謝してからようやく食べ始める。何もしないで準備されたものを当たり前のように一番に食べ始める中国の子どもたちとは大違いだ。

 それだけではなく、食後には歯を磨き、箸を洗い、牛乳パックを洗って開いて乾かす作業があり、締めくくりには「掃除」の時間が待っている学校もある。このように、お昼の時間だけをみても、日本の子どもたちは多くの作業を分担していることが分かる。そのおかげで学べることは多く、何でもない普通のお昼の時間が、誰もが労働する「平等さ」、「助け合い」、「責任感」、「他人への思いやり」などの教育の機会になっていると紹介した。

 こうして違いを見てみると、教育とは決して学業だけではないことが分かる。記事は最後に、中国の学生に向けた国営テレビの番組では、「夢、努力、探求、未来」をテーマにしていたが、むしろ日本の小学生から「自立、責任、鍛錬、尊重」を学ぶべきだと主張した。「何でもない給食の時間」からも多くのことを教えてもらえる日本の子どもたちは幸せだと言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)