中国では、詰め込み式の学校教育に対して批判の声が存在するものの、なかなか改善されないようだ。この点、日本もかつては詰め込み教育に重点が置かれていたが、その後大きく改善したためか、中国では日本の教育と比較する人が少なくない。中国メディアの今日頭条は14日、「日本の小学校の給食が教えてくれること」と題する記事を掲載した。日本の給食の習慣について知ると、中国の教育との違いが理解できるという。

 記事は、中国の親の多くが「子どもは勉強さえしていれば良い」という考えで、勉強以外のことは大人がすべて解決してあげると紹介。しかし、記事の中国人筆者は、これでは子どもは勉強以外何もできない人間に育って・・・・

続きを読む